日常生活で注意したい

男性

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。
歯がなくなったときに顎に埋め込む人工的な歯もインプラントのひとつです。
インプラントの歴史は、古いのです。
紀元前3世紀ころには、ヨーロッパで上あごにインプラントがうめられている人骨が発見されています。
また、中南米では、下顎にうめられている人骨が発見されています。
このように歴史だけをみるととても古いのですが、確実な治療法として認められるようになったのは、ごく最近のことなのです。
1980年代からは、さまざまな臨床試験により、治療法が確実なものとしてとらえられるようになりました。
最近では臨床成績がさらに向上してきています。
これにより、一般の人でも容易に治療ができるようになり、患者も増えてきています。

人は虫歯や歯周病や、外傷によっても歯を失うことがあります。
また、先天的に歯がない人もまれにいます。
歯がないと、食べ物が食べられないだけでなく、集中力がなくなったり、そのほかにも体に異変を感じます。
また、顔の印象も変わってしまいます。
以前は入れ歯という手段もありましたが、メンテナンスも大変なうえに、食べ物をそしゃくしにくいというデメリットもあります。
その点、インプラントは一度してしまえば、半永久的なので元の歯のお手入れと同じようにすればよいのです。
ファッションと同様に人の印象が決まってしまう歯のお手入れは、今後も人にとってはかかせないものとなるでしょう。
医学がさらに発達することにより、よりインプラントをしたいという希望者も増えてきます。

インプラントをして歯を復活させたいなら、歯科に行こう


Copyright(c) 2015 インプラントをして歯を復活させたいなら、歯科に行こう. All Rights Reserved.