歯科選びで見たい部分

治療

永久歯が抜けてしまうと、その部分にはもう二度と歯は生えてこないので隙間ができてしまいます。
その隙間を埋めるためには入れ歯、ブリッジ、インプラントのいずれかで人工歯を作って装着しなくてはなりません。
入れ歯は残存する歯にバネ(クラスプ)をひっかけて人工歯を装着する治療、ブリッジは残存する歯を小さく削り人工歯を被せて装着する治療、インプラントは失った歯の部分に人工歯根を埋め込み人工歯を装着する治療です。
このうち、高い治療効果を求めるのならインプラントがいいでしょう。
治療後に定期的なメンテナンスを受けていくことで、20年も30年も使える人工歯となりますので、第2の永久歯を得る治療と考えて問題ありません。

歯を失ってしまっても見えにくい部分であれば「1本くらい・・・」という気持ちもあるでしょうが、歯を1本でも失うと、歯本来の役割である咀嚼、嚥下、発音、審美の4つを損なってしまいます。
まず、歯並びが悪くなり、噛み合わせがずれてきます。
すると咀嚼と嚥下がうまくできなくなってくるため、食事をすることにストレスを感じやすくなります。
また、発音にも影響が出てくるでしょう。
更に、食いしばれないので本来の力を発揮できなくなる、噛み合わせ不調による頭痛や肩こりなどを引き起こし、悪化することで認知症にもなりやすくなります。
このように重大な健康被害をももたらす危険性があるため、歯を失った時には放置してはいけません。

インプラントをして歯を復活させたいなら、歯科に行こう


Copyright(c) 2015 インプラントをして歯を復活させたいなら、歯科に行こう. All Rights Reserved.